WOMCADOLE(ウォンカドーレ)が、なんで売れないの?って話

WOMCADOLE(ウォンカドーレ)が、なんで売れないの?って話

WOMCADOLE(ウォンカドーレ)についてご紹介!

WOMCADOLE(ウォンカドーレ)はそろそろ売れないとおかしい(笑)

参照:WOMCADOLE official website

滋賀県発の4ピースロックバンド「WOMCADOLE
全国流通盤をリリースした直後の活動休止発表は非常にショッキングな出来事でしたが、再び復活!

昨今のロックシーンは男性ボーカルでも声が高いバンドが多い印象がありますが、WOMCADOLEのオルタナティブな楽曲は他とは一線を画していると言っていいでしょう。

いつの時代にも開拓者という存在がいるわけですが、WOMCADOLEは次世代のロックシーンを担う可能性もあり得ると管理人は思っています。

そろそろガチで売れるはず。ホントに(笑)

ということで、個人的に大絶賛のWOMCADOLEについてメンバープロフィール、おすすめポイント、個人的おすすめ楽曲などをご紹介していきます。

WOMCADOLEのメンバー構成

Vo&Gt.樋口侑希

Gt&Cho.古澤徳之

Ba.黒野滉大

Dr.安田吉希

WOMCADOLEのプロフィール

WOMCADOLEは滋賀県初の4ピースロックバンド。
2011年に結成し、デモ音源のリリースを中心に活動し続け、2015年8月に自身初となる全国流通盤「ワタシノハナシ」をリリースする。
その後ベーシスト脱退により、一時活動休止となるが、2016年7月1日、新たなベーシストに黒野滉大を迎え入れ、バンド活動を再スタート。
2017年1月11日にリリースした2nd mini Album「15cmの行方」はTOWER RECORDSの「タワレコメン」に選出されるなどで注目を浴びる。
同年の9月5日にリリースした初シングル「アオキハルヘ」のツアー「俺達のアオキハルヘツアー」は渋谷TSUTAYA O-WESTでSOLD OUTとなる。
2018年3月21日には1st FULL Album「今宵零時、その方角へ」をリリースし、さらなる活躍が期待できる注目のロックバンド。

WOMCADOLEの意味とは?

WOMCADOLEというバンド名の意味は、映画「チャーリーとチョコレート工場」が由来!?
そのツイートがこちら。

2013年の閃光ライオネットに出場した際はこのように紹介されています。
“ウィリー・ウォンカ”が由来だそうですが、5年以上経過した彼らの熱量は今、さらに溢れているんですよね。

個人的なWOMCADOLEのおすすめポイント

WOMCADOLEはとにかく「もっと売れるべきバンド」と言えます。
正確に言えば、もっと世間から評価されて欲しい、もっとオーディエンスの左胸に刺さって欲しいロックバンドです。

なぜそこまで、おすすめするかは楽曲を聴けば分かるはず!

ということで、管理人絶賛のWOMCADOLEおすすめ楽曲をレビューしながら一気にご紹介します。

WOMCADOLEと心中したくなる:「月」

WOMCADOLE 1st FULL Album「今宵零時、その方角へ」に収録されている「月」

こちらは管理人が個人的におすすめで、少し荒くエモーショナルな楽曲ですが優しい力強さもある、おすすめナンバーです。

この楽曲を聴いたらもう、トコトン売れるまで応援したくなります。

意味が分かったら震える。WOMCADOLE:「綺麗な空はある日突然に」

WOMCADOLE初の全国流通盤「ワタシノハナシ」に収録されている「綺麗な空はある日突然に」

この楽曲をリリースしてすぐに活動休止したWOMCADOLEへの復活を希望するファンの数は凄まじいものでした。

このMVが”8月6日”に発表されたという点も踏まえて歌詞を見ながら楽曲を聴くと鳥肌立ちます。

“かっこいい”とはこういうこと。WOMCADOLE:「アオキハルヘ」

WOMCADOLEのエモく、迫力あるサウンド「アオキハルヘ」

管理人は初めて聴いたとき思わず「かっけぇ・・」と部屋で一人呟いてしまいました(笑)

ボーカル樋口侑希さんの芯の太い歌声、ロックな歌詞、圧倒的なサウンド。

WOMCADOLEこそエモーショナル、オルタナティブの最前線に立つべきバンドです。

WOMCADOLEについてのまとめ

WOMCADOLE、売れると思いませんか?
新たな風を今のロックシーンに吹きかけてくれているようなオルタナティブロックが刺さる人は多いはず!

WOMCADOLEがブレイクするのは時間の問題だろうと思っています。

メジャーデビューだって今すぐにしてもおかしく無いくらいのクオリティです。

あとはこのまま活動の幅を広げていくだけですね。

というかWOMCADOLEは売れるべき。

楽曲のクオリティは本当に高い!

オルタナティブカテゴリの最新記事