忘れらんねえよ←新アルバムで変わった?経歴と全メンバー脱退を乗り越えた今とこれから

忘れらんねえよ←新アルバムで変わった?経歴と全メンバー脱退を乗り越えた今とこれから

メンバー1人になった忘れらんねえよの新アルバムについて

「忘れらんねえよ」が2018年12月に新アルバムをリリース!

参照:忘れらんねえよ official website

2018年5月にボーカルの柴田さん以外が脱退し、結果的にソロ活動になってしまったロックバンド「忘れらんねえよ」

もともと3ピースロックバンドとして活動していた忘れらんねえよですが、2015年にドラムの脱退、2018年にはベースの脱退と、現在は一人で活動しています。

しかし、ここで気になるのが、
「忘れらんねえよ」の音楽性はどうなっていくのか?
という事です。

確かにこれまでほとんどの作詞・作曲を柴田さんが手がけてきました。
ただ、ベースの梅津さんも作曲、編曲には関わってきた訳ですし、メンバー内で楽曲についての相談もしてきたわけです。

しかし、これからは、柴田さんだけの世界観が「忘れらんねえよ」の楽曲に反映されていく。

それに伴って、

・多少、これまでとは音楽性が変わるのでは?

・これまでの度が過ぎた楽曲のぶっ込み具合が増えるのか、減るのか?

その辺が気になったので、今回は「忘れらんねえよ」のこれまでの簡単な経緯と、音楽性がどのように変化したのかなどをご紹介して行きます。

スポンサーリンク

忘れらんねえよのプロフィール

2008年に結成したロックバンド。
チャットモンチーの「ハナノユメ」の動画がバンド結成のルーツであり、今でも憧れのバンドとしてチャットモンチーの名前を挙げている。

楽曲はこれまで、

・アニメ「逆境無頼カイジ 破戒録篇」のEDテーマ
・「マイナビバイト」のCMソング

などに起用されてきた。

また2017年4月2日には、日比谷野外大音楽堂で開催した初のワンマンライブ「ワンワン!ワンマン!野音でワオーン!」でソールイドアウトを叩き出し、ライブを大成功に収めている。

しかし、2018年5月にボーカル柴田隆浩以外の最後のメンバー梅津拓也(うめつ たくや)が脱退し、メンバーが一人となる。

忘れらんねえよメンバーが柴田隆浩一人に

2015年まで忘れらんねえよは3人組ロックバンドとして活動していましたが、
同年2015年にドラムの酒田耕慈(さかた こうじ)が脱退、
そして2018年の5月にはベースの梅津拓也(うめつ たくや)さんがZepp Tokyoでのワンマンライブ「サンキュー梅ックス」を最後にバンドを脱退。

現在はボーカルギターの柴田隆浩(しばた たかひろ)さん一人になってしまいました。

もともとほとんどの曲の作詞・作曲は柴田さんが行ってきましたが、他のメンバーがいなくなったことで、新アルバムからさらに柴田さんの世界観が全開になりそうです。

柴田隆浩の全てのルーツはチャットモンチー?

柴田さんの崇拝してやまないロックバンドといえば、ご存知の方も多いでしょうが、ガールズバンド「チャットモンチー」です。
バンド結成前はサラリーマンだった柴田さんですが、チャットモンチーの「ハナノユメ」の動画を見てバンドを始めたというきっかけがあり、現在でも崇拝しているそう。

これまで、

・バンドを始めようと思ったきっかけ
・憧れの人物
・好きな女性のタイプ

に至るまで、

チャットモンチーの名前を挙げており、これまでの忘れらんねえよのバンド活動を突き動かしてきた一つの原動力であることは間違い無いでしょう。

そんなチャットモンチーを崇拝してやまない忘れらんねえよですが、バンドの楽曲の中はチャットモンチーの要素がまるでありません(笑)
ライブ中もチャットモンチーが発言しないような下ネタをバンバン連発します。

気になるのが忘れらんねえよの12月発売の新アルバム

ここで気になるのが、忘れらんねえよの今後の音楽性。

これまでのようなぶっ込みまくったダサカッコいい楽曲を作っていくのか、
はたまたチャットモンチーのような路線に走るのか(まあ、それはないでしょうがw)

どちらにせよ気になるところ。

そんな中、12月発売の新アルバムの収録曲から新曲のMVが公開されました。

ソロ活動後の初のミニアルバム収録曲「踊れ引きこもり」

忘れらんねえよの元ベース、梅津さん脱退後の初のミニアルバム『あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた』に収録されている「踊れ引きこもり」

とにかく超ストレートな歌詞に唐突な西野◯ナ(?)が出てきたりと、ぶっ込みまくりの楽曲で一見ふざけているように見えるのですが・・。

うーん、やはり柴田さん凄い。

これで響く楽曲になっているのが忘れらんねえよの凄いところ。

これはマジでライブで盛り上がるの必至です(笑)

「忘れらんねえよ」は相変わらず尖ってた

ベースの梅津さんが脱退して、一人になったことで忘れらんねえよの音楽性がどうなるのかと気になっていました。

しかし相変わらずの柴田節が炸裂しまくっていて、『あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた』のアルバムを聴くのがより楽しみになりました(笑)

相変わらず尖っているまんまの「忘れらんねえよ」で良かった!
まあ、「踊れ引きこもり」はかなりぶっ込みすぎな気もしますがねww

今後の「忘れらんねえよ」はどうなる?

ベース脱退後の忘らんねえよですが、新アルバムの発売や年末のCOUNTDOWN JAPAN 18/19への出演など、今後もまだまだ活動を続けていくことは間違いないでしょう。

メンバーは一人になってしまいましたが、柴田さんは独特な世界観を持ったバンドマンだと思うので、今後も我々邦ロックキッズを楽しませてくれると期待しています。

スポンサーリンク

「忘れらんねえよ」が好きなアナタにおすすめのバンド

イナギタケシ de fuwafuwaって知ってる?おすすめ曲をご紹介!

邦ロックおすすめカテゴリの最新記事