PENGUIN RESEARCHの堀江晶太が凄すぎる件。プロフィールとおすすめ6曲を厳選!

PENGUIN RESEARCHの堀江晶太が凄すぎる件。プロフィールとおすすめ6曲を厳選!

PENGUIN RESEARCHのバンドプロフィールとおすすめ曲6選。堀江晶太のスペックがやばい

PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)の堀江晶太の記録がすごすぎる!

5人組ロックバンド、「PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)」

最近では、日本武道館で開催されるリスアニ!2019や、COUNTDOWN JAPAN 18/19の出演などで、大舞台にも出てきたバンドとして、どんどん知名度を上げていて、テレビアニメ勢だけでなく、幅広いファン層も獲得しているようです。

その証拠として、2017年から続く連続ワンマンライブ完売記録は18公演を超え、現在もその記録を更新しており、「今、最もライブが見たいバンド」と世間から言われています。

楽曲は疾走感のあるオルタナティブロックがが中心で、テンションを上げたいときにはもってこいのバンドなんですが、この楽曲全てを手がけるのが堀江晶太という人物。

実はこの堀江晶太さんこそが、伝説のボカロP「kemu」です。

史上初のボカロPとして投稿した全楽曲がミリオンを達成など、まさに伝説的な記録を持っており、PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)の楽曲も「kemu」として活動していた時代の曲をアレンジし直してリリースし、バンドの代表曲となっています。

今回は、そんなPENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)というバンドについて、人気ボカロP「kemu」さんの凄さや、バンドのおすすめ曲などをまとめてご紹介!

スポンサーリンク

PENGUIN RESEARCHのプロフィール

PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)

参照:official website

ボーカルの生田鷹司、ベースの堀江晶太を中心に結成された5人組ロックバンド。
2016年に1stシングル「ジョーカーに宜しく」でメジャーデビューを果たすと、連続ワンマンライブ完売記録が18公演を超える(現在も更新中)など、「今最もライブが見たいバンド」というキャッチフレーズをつけられる。

これまでに、

・『デュラララ!!×2 結』
・『マギ シンドバッドの冒険』
・『ゾイドワイルド』
・『ReLIFE』

などのアニメタイトルとのタイアップがあり、アニソンバンドとしての印象が強いが、幕張メッセで開催された「COUNTDOWN JAPAN 2018/2019」への出演など、その活動の幅は拡大し続けている。

PENGUIN RESEARCHのメンバー構成

Vo:生田鷹司(いくた ようじ)

View this post on Instagram

スマホ壊れてたのもあり久しぶり。

A post shared by よーじ PENGUIN RESEARCH (@bonyariyo_ji) on

PENGUIN RESEARCHのボーカル担当。
バンドマン以外にも、声優としての活動も行なっている。

Gt:神田ジョン(かんだ じょん)

PENGUIN RESEARCH加入前から、様々なバンド、サポート活動を行なっていて、業界内でも信頼度が高い。
自他共に認める、ネコ好き。

Ba:堀江晶太(ほりえ しょうた)

作曲・編曲を務めるベーシスト。このバンドの中心人物と言われている。
PENGUIN RESEARCHだけでなく、ミリオン再生のボカロP「kemp」としても活動している。

Dr:新保恵大(しんぼ けいた)

PENGUIN RESEARCHのドラム担当。
PENGUIN RESEARCHだけでなく、ジ・アズキウォッシャーズ、DOPEDOWNなどでもドラマーを担当している。

KEY:柴﨑洋輔(しばさき ようすけ)

PENGUIN RESEARCHのキーボード担当。
6歳の頃からエレクトーンを始めるが、高校時代にキーボードに転向する。
あだ名は「よーよー」

ベースの堀江晶太がヤバイ!ボカロP「kemu」の前人未到の偉業について

PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)のメンバープロフィールで少し触れましたが、ベースを担当する堀江晶太さんがすごい!

PENGUIN RESEARCHのみならず、様々なアニメ関連、歌い手への楽曲提供、さらには「ベイビーレイズJAPAN」というアイドルのバックバンドも務めるほか、ボカロPである「kemu」としての活動では、ボカロ史上初となる投稿した全楽曲がミリオンを達成するなど、大快挙を成し遂げています。

また、演奏できる楽器はギター、ピアノ、ドラム、バイオリンなど非常に幅広くそのポテンシャルの高さはメンバーからも一目置かれるほど。

堀江晶太さんはまさに、PENGUIN RESEARCHの心臓とも言えるベーシストです。

そんなPENGUIN RESEARCHの楽曲全てを手がける堀江さんが中心となって作曲されたおすすめ曲を、個人的にチョイスしてみたのでご紹介していきます。

PENGUIN RESEARCHで個人的にイチオシのおすすめ曲:「敗北の少年」

PENGUIN RESEARCHの楽曲の中でも、個人的にイチオシのおすすめ曲が「敗北の少年」です。

PENGUIN RESEARCHとしてリリースされた楽曲ながら、原曲はベースの堀江晶太さんが、ボカロP「kemu」として投稿したミリオンソング。

ファンからの人気も非常に高い一曲で、PENGUIN RESEARCHの楽曲の中でも、特におすすめなので、是非一度聴いてみて下さい。

おすすめ曲なのに意外と見逃している人が多い!?「近日公開第二章」

一瞬、何かの番宣のようなタイトルの「近日公開第二章」ですが、非常に疾走感があり、PENGUIN RESEARCHのおすすめの一曲です。

一瞬、本当に番宣のようなサムネに勘違いする人が多いようですが、正真正銘のPENGUIN RESEARCHの楽曲タイトルです。

特にペンギンリサーチ初心者、バンドの雰囲気が分かる一曲なので、特におすすめなのですが、MVでもメンバーの激しい演奏が見れるので、ファンとしても堪らない一曲となっています。

PENGUIN RESEARCHのデビュー曲:「ジョーカーに宜しく」

PENGUIN RESEARCHのデビューシングル「ジョーカーに宜しく」
TVアニメ「デュラララ!!×2 結」のエンディングテーマとして起用された楽曲ですが、アニメを見ていない方にもおすすめの一曲。

バンドの曲ながら、ボカロっぽさがあるサウンドはやはり「kemu」さんの作曲のクセが現れたような印象があります。
途中からMVの世界観がガラッと変わる感じがGood(笑)

PENGUIN RESEARCHでテンションをアゲるならこの曲がおすすめ:「敗者復活戦自由形」

PENGUIN RESEARCHといバンドの疾走感がビリビリと感じられる「敗者復活戦自由形」
テンションを上げたいときに、特におすすめの一曲です。

もちろんkemuさんのセンスはさすがですが、この曲はバンドで演奏してこそのクオリティ!
PENGUIN RESEARCHの楽器隊の演奏にもハマれる一曲です。

PENGUIN RESEARCHのおすすめ人気曲:「WILD BLUE」

PENGUIN RESEARCHとして、おすすめから外せないのが「WILD BLUE」

TVアニメ「ゾイドワイルド」挿入歌に起用されており、アニメファンからはOPでも全然よかったと言わせるほど、疾走感のあるロックナンバー。
ゾイドワイルドからこの曲を聴いて、ペンギンリサーチのファンになった方も多いようですね。

PENGUIN RESEARCHは激しいロックナンバーだけがおすすめじゃない:「ボタン」

ここまで、激しめの楽曲をご紹介してきましたが、最後におすすめしたいのが「ボタン」という楽曲。

TVアニメ「ReLIFE」のオープニングテーマに起用されたこの曲は、

・アニメの世界観と合っている

・2期があるなら、PENGUIN RESEARCHが楽曲を担当してほしい

という声が非常に多く、アニソンとして非常に高い評価を得ています。
もちろん、「ReLIFE」を観ていない方にもおすすめ。

PENGUIN RESEARCHについてのまとめ

PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

声優も担当するボーカル生田鷹司さんのイケボに加え、楽器隊の演奏技術の高さが光るバンドですが、何と言ってもベースの堀江晶太さんのポテンシャルは別格です。

アニメ「ゾイドワイルド」では再び楽曲が起用されるなど、アニソンバンドのイメージが強いPENGUIN RESEARCHですが、今後のさらなるバンド活動の拡大に期待したいですね。

スポンサーリンク

PENGUIN RESEARCHが3ヶ月無料で聴き放題!

Apple MusicならPENGUIN RESEARCH全曲が、3ヶ月無料で聴き放題!
下記のバナーからそのまま聴くことが出来ます♪

邦ロックおすすめカテゴリの最新記事